Archive for the ‘未分類’ Category

格安SIMの利用で大幅な節約が可能!?

土曜日, 1月 4th, 2020

“格安SIMスマートフォンというと、本体価格が安いので購入されているイメージもありますが、最近では、以下の面でも得することが多いので、あえて格安SIMスマートフォンを選ぶ人が増えてきました。
まず、「docomo、au、Softbankといった三大キャリア」は、格安SIMスマートフォンの倍以上の本体価格、通信プランになっていることを知っておきましょう。つまり格安SIMスマートフォンを利用するだけで、本体価格、通信プランに悩まされることが無くなるのです。
docomoスマーとフォンを例に挙げると、カケホーダイプランで2700円、ベーシックパックで5000円となりますので、プラン料金を確認するだけでもかなりの無駄を理解できます。これらが半額になった場合、7700円であれば3850円の節約が可能となりますし、年間では5万円近くの節約になります。
他にもオプション無しでスマートフォンを利用されると、年間で3万円近いお金が浮くことも知っておきましょう。”

「OPPO R17 Pro CPH1877」の特徴は?

日曜日, 12月 29th, 2019

“型落ちスマートフォンの中でも優れているスマートフォンを購入したい方には、OPPO R17 Pro CPH1877がオススメです。
OPPO R17 Pro CPH1877の特徴はハイスペックにあり、「高い処理性能を持つプロセッサ、6GBメモリ、128GBストレージを搭載」となっているので、型落ちスマートフォンとは思えないほど、様々なシーンで役立ってくれるスマートフォンなのです。しかもOPPO R17 Pro CPH1877は、高負荷のマルチタスクもこなせるため、様々な用途でもスマートフォンを使いたい、そんな人とも相性抜群となっています。
OPPO R17 Pro CPH1877のカメラ性能は、インカメラは2500万画素、そして、8つのモードを使い分けることで個性的な自撮りも可能です。OPPO R17 Pro CPH1877は、カメラで補いきれない部分を「ウルトラナイトモード」で補ってくれるのですが、バッテリー容量が3700mAhのため、容量不足を感じることもあります。”

料金を限界まで減らす!格安SIMスマートフォンのメリット

土曜日, 12月 28th, 2019

“android端末でもそうですが、今では、格安SIMスマートフォンの人気が高まっています。
適切なサービスを受けられなくなるため、あえてキャリアスマホを選ぶ人もいますが、大学生といった学生の間では、抵抗なく格安SIMスマートフォンを利用している人が増えてきました。格安SIMスマートフォンのメリットは、シンプルに料金が安くなるところです。
キャリアスマホの場合もキャンペーンを利用できるのですが、1000円ほど料金が安くなるだけなので、格安SIMスマートフォンのような、本体価格からして半額になるようなサービスではありません。しかも格安SIMスマートフォンは、今のところ値上げの動きがないので、長く安いスマートフォンを利用したいのであれば、今のところは、格安SIMスマートフォン一択でしょう。
デメリットとしては、キャリアスマホ並みのサービスを受けられない、設定は自分で行わないといけないところです。”参照先URL

ワンセグ非搭載「Google Pixel 3a」

水曜日, 12月 25th, 2019

“世界中で売れているandroid端末の中には、Google Pixel 3aのような最新機種もあります。
Google Pixel 3aには次のような特徴があるので、世界中で話題になっているスマートフォンでもあるのです。Google Pixel 3aは、「ワンセグ非搭載」となっているので、NHK受信料の問題を考慮して、スマートフォンの最新機種を購入しなくても良いです。
過去であれば、テレビの受信に対してNHK受信料の問題が起きていた・・・のですが、今では、モバイル、スマートフォンのワンセグ機能に対しても、NHKの受信料の問題が起きるようになってきました。そのため、あえてGoogle Pixel 3aを購入する人も多いのです。
しかもGoogle Pixel 3aは、「おサイフケータイ搭載」のスマートフォンとなっているため、キャッシュレス化に対応しているスマートフォンとしても人気になっています。”

キャリアの縛りは確認しておこう!

火曜日, 12月 24th, 2019

“スマートフォンには、モバイルと同じで三大キャリアがあります。
三大キャリアとは、「docomo、Softbank、au」のことなのですが、三大キャリアが販売しているスマートフォンの契約内容は同じではないので、安直に好きなスマートフォンを購入しないほうが良いです。というのも、キャリアの縛りの中には「最低利用期間が2年のものもある」ので、実は、従来のキャリアの縛りと比較すると、倍以上の期間で縛りが発生します。
ちなみに、キャリアの縛りとは「最低利用期間を超えるまでは契約をやめられない」という意味です。もし、むりやり契約をやめようとすると、違約金が発生するようになっており、最近になって、三大キャリアもキャリアの縛り、違約金について是正するようになってきました。
キャリアの縛りについては、「UQmobileが2年、Y!mobileが2年、mineoが1年、楽天モバイルが1年、IIJmioが1年」となっているので、短く済むケースは稀だと思ったほうが良いでしょう。”

世界で評価されているandroid端末

土曜日, 12月 21st, 2019

“スマートフォンの種類は、iPhone、androidとなっていますが、iPhoneはApple製品のOSが搭載されている、android端末には、「Googleが開発したOSのandroid」が搭載されています。
OSのみ違う・・・と勘違いしてしまう人もおられますが、android端末は、iPhoneに比べて多機能、高性能を意識したものが多く、そのため、値が張るものが多いと思ったほうが良いでしょう。世界初のレンズを搭載している、システムを搭載している・・・といった強みがあり、近年では、認証システムが評価されて世界中で売れている端末になりました。
昨今の日本でも、「ランサムウェアの影響を受けてシステムの重要性が説かれる」ようになっています。そのようなシステムによるセキュリティ強化を、いち早く行っていたスマートフォンがandroid端末のため、セキュリティを考慮してスマートフォンを選ぶ場合は、androidが良いと言われているのです。”

写真撮影で満足できる「SONY Xperia XZ1」

金曜日, 12月 20th, 2019

“今では、HUAWEI製スマートフォン、Samsung製スマートフォンを購入される人が増えてきました。
HUAWEI製、Samsung製の共通点として、トリプルカメラや高画素数、新機能の追加など、カメラやレンズに力を入れているスマートフォンメーカーとなっています。ですが、日本国内のSONY Xperia XZ1も、写真撮影のスペックに関しては劣っていません。
SONYのスマートフォンは、SNSなどの映えを気にする女性からも支持されており、SONY Xperia XZ1は、背面カメラだけでなく、インカメラも1300万画素超えとなっている最新機種なのです。しかもSONY Xperia XZ1は、加工フィルターについても様々なものが用意されているので、まるでプロのような写真撮影、写真加工についても、SONY Xperia XZ1であれば難しくないという特徴があるのです。
そのため今では、じわじわと利用者が増えているスマートフォンとなりました。”

AI搭載の「Google Pixel 3」

日曜日, 12月 15th, 2019

“Google Pixel 3は、Googleが開発したスマートフォンとなっているので、以下のようなGoogleだけの技術が集積されています。
Google Pixel 3は、シングルカメラとなっているのですが、GoogleがAIを駆使しているため、自然な背景ぼかしが適用されるようになっているのです。しかもGoogle Pixel 3は、ポートレート撮影、夜景撮影が可能となる「ナイトサイト」を搭載しているので、暗い場所もくっきりと写し出せるようになっています。
Google Pixel 3は、火星の表面を撮影する際にも使用されるズーム技術が採用されています。こちらはGoogle Pixel 3の「超解像ズーム」となっているのですが、Google Pixel 3は、マルチレンズを搭載することによって、カメラ並みの写真撮影を可能としているのです。
しかもGoogle Pixel 3はSIMロックフリーで、IP68等級の防水性能、おサイフケータイに対応しているのも特徴的です。”

5Gって本当に必要?

土曜日, 12月 14th, 2019

“インターネット上では様々な憶測が出ているのですが、4Gよりも5Gのほうが通信速度が良いので、単純にこれからは5Gの時代と言われている節があります。
ですが、4Gのままではこれからのインターネットに対応できないため、5Gが必要と言われるようになっています。例えば、これから先のインターネットはインターネット接続を目的とした、パソコン、スマートフォンのみでつながれば良い・・・というわけではありません。
というのも、家電、車などのIoT(モノのインターネット)技術が駆使されるようになるからです。つまり、今のところ無線ネットワークにつながっていなかったものが、これからは当然のようにIoT技術によって結びつくような時代になります。
そのため、従来よりもネットパワーを要求されるようになるので、5Gであり、通信機器の数を増やしていく必要が出てきます。5Gは、新時代の呼び水であり、また必然的に要求されるパワーでもあるのです。”

今も売れ続けている「ASUS ZenFone 2」

金曜日, 12月 13th, 2019

“ASUS ZenFoneシリーズは、スマートフォンの中でも特に有名です。
そんなASUS ZenFoneシリーズの中で、使いやすい、スペックが整っている、安く購入できるという理由で評価されているものが、ASUS ZenFone 2です。ASUS ZenFone 2は、2015年に登場したスマートフォンなのですが、今でも、安くて使いやすいスマートフォンとして案内されることが多いため、ASUS ZenFone 2の購入者は今でも存在します。
ASUS ZenFone 2の特徴は、フルHD表示に対応している約5.5インチディスプレイでしょう。近年では、6インチを超える大型ディスプレイも増えてきたため、ASUS ZenFone 2のディスプレイは、違和感無く使用できるようになっています。
しかもASUS ZenFone 2は、RAMが2GB、4GBのモデルがラインナップされているため、好みのスマートフォンを選べるようになっているのです。”