格安スマホの疑問

9月 6th, 2020

“これから格安スマホを持ちたい場合は、次のようなことも含めて納得がいくものか検証したほうが良いです。
まず、格安スマホは「スペックで選ぶ」ようにしましょう。格安スマホといっても、大手キャリアのミドルレンジモデル並みのものがそろっているので、とりあえず動けば良いというのは昔の話です。
とりあえず動けば良い・・・という考えで格安スマホを選んでしまうと、「まったく動かない」スマートフォンを購入してしまう可能性があります。というのも、スマートフォンメーカーによってスペックの捉え方が異なるからです。
スマートフォンメーカーによっては、「カメラ性能・ストレージ容量」に力を入れているケースもあり、スマートフォンのスペックを決める「CPU・OS・RAM・ROM」には、力を入れていないメーカーも存在します。パソコンと同じで、スマートフォンもCPUなどの処理性能によって動作が決まってくるため、これらの装置が古いものであった場合は、他の格安スマホを選んだほうが良いでしょう。
最近では、CPU・OSに大きな差が無くなってきているため、RAM・ROMが低すぎないかをチェックすると良いです。もしこれらの情報が見つからない場合は、ベンチマークテストのスコアをチェックするようにしてください。
ベンチマークテストとは、「処理に対して負荷をかけるテスト」なのですが、ベンチマークテストが良質なのであれば、こちらの情報を掲載していることが多いです。ベンチマークテスト1つで、スペックのほとんどがわかるようになっているため、ベンチマークテストがはっきりと掲載されていない場合、あまりスペックに自信が無い格安スマホと割り切ったほうが良いでしょう。
スペック一覧でチェックする場合は、CPUが「オクタコア」、メモリは「2GB以上」、ストレージ容量は「16GB以上」となっているかをチェックすると良いです。オクタコアとは、複数のCPUによって処理性能を上げていること意味しますが、大手の格安スマホであってもオクタコアが主流となっているので、こちらをチェックするだけでも、かなり格安スマホの性能がわかるようになっています。
次に、「SIMカードの種類」をチェックするようにしましょう。格安スマホ選びの基本となりますが、SIMカードの種類は「標準・micro・nano」の3種類に分かれています。
スマートフォンによって対応可能なSIMカードの種類が異なるため、こちらもチェックしておいたほうが良いのです。良くわからない場合は、ショップのスタッフに聞いてみるのも良いでしょう。「互換性はありますか」と聞くことで、ショップのスタッフが調べてくれるようになっています。
互換性というのは、問題なくSIMカードが使える状況にあるかを表します。そのため、互換性がないスマートフォンではSIMカードを差し込めない、認識しないなどのトラブルが起きてしまうのです。これらのチェックで問題がない場合、後は、自分好みのスマートフォンを選ぶだけとなります。”

スマートフォンが便利でオシャレになるグッズ

9月 4th, 2020

“スマートフォンユーザーから選ばれ続けているグッズの中には、「WF-1000XM3」、「スリア 防水ケース」のようなグッズもあります。
WF-1000XM3とは、ソニー製のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンのことで、今ではワイヤレスイヤホンを購入する人が増えてきているため、WF-1000XM3の注目が高まってきました。昔であれば、「音飛び、ノイズ」などの影響が出てしまうため、無理にワイヤレスイヤホンを使う人はいなかったのですが、現代のワイヤレスイヤホンはそんな問題が改善されています。
WF-1000XM3についても、「完全ワイヤレス・Bluetooth」に対応しているので、音質以外でもトップクラスの性能を誇っています。しかもWF-1000XM3は、ハイレゾ相当であれば最大6時間の連続再生が可能となっているため、長時間利用にも対応しているモデルなのです。
なによりWF-1000XM3には、「業界最高クラスのノイズキャンセリング機能付き」となっているため、ワイヤレスイヤホンで良く発生するノイズの問題がまったく起きません。最新のワイヤレスイヤホンとして開発されているため、WF-1000XM3は、「周囲の音も聴き取れるモード」が用意されています。
つまりWF-1000XM3は、1人で音楽を楽しむ使い方もできれば、周辺環境に合わせて利用するような使い方も可能となっているのです。WF-1000XM3は、最大24時間の使用についても行えるようになっているので、長時間の利用に対応している数少ないワイヤレスイヤホンでもあります。
そして今では、スリア 防水ケースのようなグッズも人気が高いです。スリア 防水ケースの特徴は高性能で多機能なところでしょう。
スマートフォン用防水ケースとして開発されているため、「IPX8認定・指紋認証・Face ID認証・完全防水・タッチ可」で、防水ケースとして気密性にも配慮されています。スリア 防水ケースは、「水中撮影・お風呂・海水浴・水泳などでも使える」ようになっているので、防水だけでなく、防塵にも優れているのが大きな特徴です。
汎用性のある防水ケースを探しているのであれば、スリア 防水ケースを購入されたほうが良いでしょう。最近では、スリア 防水ケースを子どものために購入される親も増えてきました。
というのもスリア 防水ケースであれば、様々なスポーツシーン、子どもが好きな泥で汚れてしまうような遊びにも対応しているからです。スリア 防水ケースは「ネックストラップ付き」となっているので、いつの間にかスマートフォンを紛失してしまった・・・ということもありません。
ちなみに、スリア 防水ケースの「IPX8」というのは、防水国際保護等級のIPX8に認定されていることを表しています。IPX8基準では、「水深20mでも30分間は耐えられる設計」に相当するため、中々、このレベルの防水性能のケースには出会えません。
そのため、スリア 防水ケースを選ぶ人が多いのです。”ランキングから探す. 人気注目ランキング · 満足度ランキング. 料金プラン比較. スマホ料金プランなどについて。smartphones

5Gで注目されている「AQUOS R5G」

6月 28th, 2020

“AQUOS R5Gは、AQUOSシリーズの最新機種です。
これから5Gが始まるということで、人気のスマートフォンを探されている人も増えていますが、その中でもトップクラスの人気を誇るのがAQUOS R5Gです。AQUOS R5Gの発売日は2020年3月27日のため、5G対応スマートフォンの中では、比較的早いタイミングで販売されました。
気になるAQUOS R5Gのスペックは次のとおりです。AQUOS R5Gは、「ディスプレイサイズが6.5インチ、本体サイズは高さ約162mm、幅75mm、厚さ8.9mmの重量約189g」となっているので、今では人気のワイドボディタイプのスマートフォンとなっています。
AQUOS R5Gはカメラ性能も良く、「アウトカメラは広角約1220万画素、超広角約4800万画素、望遠約1220万画素、ToFカメラ・インカメラ約1640万画素」となっているので、カメラ性能が高いスマートフォンを探している人にも、AQUOS R5Gをオススメすることができます。
バッテリーは3730mAhのため、AQUOS R5Gのバッテリー容量は他の5G対応スマートフォンと同程度です。ですが、AQUOS R5Gの処理性能は高く「RAM12GB、ROM256GB、CPUはSnapdragon 865 5G、OSはAndroid10」のため、最高水準のスペックを誇ります。
AQUOS R5GはToFレンズを採用しているため、従来より綺麗なポートレート写真撮影が可能です。スマートフォンを使った写真撮影が得意ではない人でも、AQUOS R5Gであれば、記憶に残るような鮮明な写真撮影を行えるでしょう。
AQUOS R5Gは超広角レンズ、望遠レンズも採用しています。これにより、あらゆるシーンで撮影をすることが可能になるため、カメラ機能が良いスマートフォンを探している人にも、AQUOS R5Gをオススメすることができます。
そんなAQUOS R5Gの価格ですが、相場では約129000円です。高いと感じるかもしれませんが、5G対応スマートフォンの多くは12万円以上となっているので、AQUOS R5Gのみ高いわけではありません。
しかもAQUOS R5Gは、「トクするサポート適用で割引される」スマートフォンのため、トクするサポート適用の場合は約65000円で購入することも可能なのです。5G対応スマートフォンの中でも、トップクラスの性能を誇るものを手にしたい・・・、だけど、スマートフォンの価格が気になるという人は、AQUOS R5Gを検討してみると良いでしょう。
シンプルに人気が高いだけでなく、AQUOSシリーズそのものの人気が高いため、今までのユーザーの声を参考にすると、トラブルが少なく使いやすいスマートフォンであることもわかります。”

Yahoo会員と連携しているY!mobile

6月 10th, 2020

“Y!mobileは、Softbankのサブブランドとして、Y!mobileのスマートフォンを利用しているだけでも、以下のような恩恵を得られるようになっています。
まず、Y!mobileはYahoo会員、サービスとの相性抜群なので、「Yahooプレミアム会員の月額費が無料になる」サービスを受けられます。このようなサービスは、Y!mobileだけでなく、楽天モバイルでも受けられるようになっているのですが、関係先企業のみでサービスが制限されているため、良くYahooオークション、Yahooショッピングを利用される方は、Y!mobileと相性抜群でしょう。
その他の恩恵では、「Yahooで取り引きをした際のポイント倍率がアップする」という恩恵があります。従来では1~5倍となっているのですが、Y!mobileを利用してお買い物をされると、「ポイント倍率5倍以上のキャンペーンに申し込める」といった、Yahooならではのサービスもあります。”

タフさに自信がある「OPPO AX7 CPH1903」

6月 8th, 2020

“格安スマホや型落ちスマートフォンを購入したいが、中古スマートフォンでは耐久性に問題がありそう・・・、このような悩みを抱えている場合は、スタミナ、タフさともに自信のあるOPPO AX7 CPH1903がオススメです。
OPPO AX7 CPH1903は、「バッテリー容量4230mAh」となっているので、バッテリー容量のスタミナは十分と言えるでしょう。しかもOPPO AX7 CPH1903は、格安スマホとして販売されているのですが、格安スマホ以外のスマートフォンと比較しても、スペック上問題ありません。
OPPO AX7 CPH1903には、現在使用していないアプリを自動停止させる機能もあるので、バッテリー劣化も考慮して開発されています。そのため、OPPO AX7 CPH1903はバッテリー容量だけでなく、省エネを意識してスマートフォン選びをされている人にも、オススメできるスマートフォンとなっているのです。”

全世代に人気のソフトバンクの学割

5月 29th, 2020

“ソフトバンクの学割は、学割というキャンペーン名なのですが、学生、家族ともにサービスを受けられるようになっています。
ソフトバンクの学割は、「25歳以下の方が対象」となっているだけで、学生のみ申し込めるわけではありません。auスマートフォンでも同様のサービスを行っているのですが、ソフトバンクの学割の場合は、従量課金プランに対して2980円割引となっています。
そのため、他のキャリアスマホに比べて、学割による値引きが大きいのもソフトバンクの学割の長所と言えるでしょう。ソフトバンクの定額プランであれば、4500円のプランを3ヶ月間割引にできるので、長期にわたってキャンペーンを利用したいと考えている人であれば、ソフトバンクの学割がオススメです。
ソフトバンクの学割に家族で申し込んだ場合、複数人で利用されたとしても、学割を適用するだけでパケット代が0円になるため、パケット料金が気になる人にもオススメできます。”https://www.galaxymobile.jp/smartphones/docomo/

格安SIMの利用で大幅な節約が可能!?

1月 4th, 2020

“格安SIMスマートフォンというと、本体価格が安いので購入されているイメージもありますが、最近では、以下の面でも得することが多いので、あえて格安SIMスマートフォンを選ぶ人が増えてきました。
まず、「docomo、au、Softbankといった三大キャリア」は、格安SIMスマートフォンの倍以上の本体価格、通信プランになっていることを知っておきましょう。つまり格安SIMスマートフォンを利用するだけで、本体価格、通信プランに悩まされることが無くなるのです。
docomoスマーとフォンを例に挙げると、カケホーダイプランで2700円、ベーシックパックで5000円となりますので、プラン料金を確認するだけでもかなりの無駄を理解できます。これらが半額になった場合、7700円であれば3850円の節約が可能となりますし、年間では5万円近くの節約になります。
他にもオプション無しでスマートフォンを利用されると、年間で3万円近いお金が浮くことも知っておきましょう。”

「OPPO R17 Pro CPH1877」の特徴は?

12月 29th, 2019

“型落ちスマートフォンの中でも優れているスマートフォンを購入したい方には、OPPO R17 Pro CPH1877がオススメです。
OPPO R17 Pro CPH1877の特徴はハイスペックにあり、「高い処理性能を持つプロセッサ、6GBメモリ、128GBストレージを搭載」となっているので、型落ちスマートフォンとは思えないほど、様々なシーンで役立ってくれるスマートフォンなのです。しかもOPPO R17 Pro CPH1877は、高負荷のマルチタスクもこなせるため、様々な用途でもスマートフォンを使いたい、そんな人とも相性抜群となっています。
OPPO R17 Pro CPH1877のカメラ性能は、インカメラは2500万画素、そして、8つのモードを使い分けることで個性的な自撮りも可能です。OPPO R17 Pro CPH1877は、カメラで補いきれない部分を「ウルトラナイトモード」で補ってくれるのですが、バッテリー容量が3700mAhのため、容量不足を感じることもあります。”

料金を限界まで減らす!格安SIMスマートフォンのメリット

12月 28th, 2019

“android端末でもそうですが、今では、格安SIMスマートフォンの人気が高まっています。
適切なサービスを受けられなくなるため、あえてキャリアスマホを選ぶ人もいますが、大学生といった学生の間では、抵抗なく格安SIMスマートフォンを利用している人が増えてきました。格安SIMスマートフォンのメリットは、シンプルに料金が安くなるところです。
キャリアスマホの場合もキャンペーンを利用できるのですが、1000円ほど料金が安くなるだけなので、格安SIMスマートフォンのような、本体価格からして半額になるようなサービスではありません。しかも格安SIMスマートフォンは、今のところ値上げの動きがないので、長く安いスマートフォンを利用したいのであれば、今のところは、格安SIMスマートフォン一択でしょう。
デメリットとしては、キャリアスマホ並みのサービスを受けられない、設定は自分で行わないといけないところです。”参照先URL

ワンセグ非搭載「Google Pixel 3a」

12月 25th, 2019

“世界中で売れているandroid端末の中には、Google Pixel 3aのような最新機種もあります。
Google Pixel 3aには次のような特徴があるので、世界中で話題になっているスマートフォンでもあるのです。Google Pixel 3aは、「ワンセグ非搭載」となっているので、NHK受信料の問題を考慮して、スマートフォンの最新機種を購入しなくても良いです。
過去であれば、テレビの受信に対してNHK受信料の問題が起きていた・・・のですが、今では、モバイル、スマートフォンのワンセグ機能に対しても、NHKの受信料の問題が起きるようになってきました。そのため、あえてGoogle Pixel 3aを購入する人も多いのです。
しかもGoogle Pixel 3aは、「おサイフケータイ搭載」のスマートフォンとなっているため、キャッシュレス化に対応しているスマートフォンとしても人気になっています。”