モンスタースペックで有名な「HUAWEI P30 Pro」

8月 31st, 2019

“HUAWEI P30 Pro最大の特徴は、「他のハイエンドモデルよりもハイスペック」なところでしょう。
そのため、「お化けスペック、モンスタースペック、モンスターマシン」と言われることが多いです。HUAWEI P30 Proは、新世代SoCを採用しているため「Kirin980(HUAWEI製)」を搭載しています。
こちらのSoCは、「ハードウェアとの親和性が高い」ため、動作が非常に軽いという特徴があります。しかもHUAWEI P30 Proはパフォーマンスも向上しているため、「CPUは75%向上、GPU性能は46%向上、電力効率は178%向上」となっているのです。
しかも、HUAWEI P30 ProのRAMは「6GB(据え置き)」となっています。これだけでも凄いのですが、HUAWEI P30 Proは「ライカ製カメラを4つ搭載している」ため、カメラスマホとしても有名なハイエンドモデルです。”

パソコンからスマートフォンへ!最新機種の人気が上がっている理由

8月 24th, 2019

“現代では、若者だけでなく中高年の方も、スマートフォンに興味を持つことが増えてきました。
理由としては、スマートフォンのほうがパソコンよりも優れている、このように感じる要素が多いからです。例えば、スマートフォンはどんどんと小型化に成功しているのですが、機能そのものは今でも拡張されていますし、国内では、プラン料金の見直しが盛んに行われている状況にあります。
パソコンの場合、OSに合った使い方を学ばないといけないのですが、そもそもパソコンを自由自在に操りたい・・・、このような考えを持つ人は少ないのです。そのため、脱パソコンを掲げてスマートフォンの最新機種を購入する人も増えてきました。
スマートフォンの場合は、最初から多種多様なアプリがインストールされているため、Gmail、SNSといった、コミュニケーション上で必須となるアプリを最初から使えるのです。そのため今では、昔に比べてスマートフォンユーザーが増えています。”

どんな会社?スマートフォンのApple社

8月 9th, 2019

“昨日公開の新しいギャラクシーノートの記事にはびっくり!でした。
さて、スマートフォンを語る上で、欠かせない存在というとiPhone、Androidといった端末でしょう。
世界的に有名なiPhoneですが、iPhoneの生みの親は「Apple」です。社名のAppleですが、こちらは「りんごは果実食主義の食事のひとつだから」という理由があり、著書「スティーブ・ジョブズ」でも語られています。
Apple社は、通称がアップル、設立年度は1976年となっています。世界的に有名な企業なのですが、資本金は1235億ドルを超えることが、2013年の時点で判明しており、2015年の時点で、従業員数が115000人と圧倒的な数値となっているのです。
代表的なスマホではiPhoneシリーズがあります。今でも多くの人たちから愛されているiPhoneですが、最新機種についてもその人気は建材となっているため、老若男女を問わず、今でも、多くの人たちから利用されている状況となっています。”詳しくはこちら

AI搭載のスマートフォン「OPPO R17 Neo」

7月 26th, 2019

“電子デバイスなどスマートフォン以外の業界でも、「AI搭載」を売りにしている業界が増えてきました。
有名なものでは見守りロボットのような、人の生活を支えてくれるAI搭載のロボットも存在するのですが、OPPO R17 Neoのような、最新機種のスマートフォンでもAI搭載のものが増えています。OPPO R17 Neoの場合、カメラ機能が「メインカメラ1600万画素、200万画素のデュアルレンズカメラ」となっているため、高精細な写真撮影が可能となっています。
しかもOPPO R17 Neoのカメラは、サブカメラ2500万画素となっているため、カメラ機能を求めている人であれば、OPPO R17 Neoとの相性は抜群でしょう。OPPO R17 Neoは、カメラ機能に対してAI搭載のため、被写体に応じて適切な補正が入るようなカメラ機能も話題です。
つまりOPPO R17 Neoは、プロのような写真撮影に対応しているスマートフォンなのです。”

スマートリプライで取り急ぎの返信が可能になる

7月 12th, 2019

“最近注目のスマートフォンの機能では、スマートリプライの注目度が上がってきています。
元々スマートリプライは、Gmailにリリースされていたものだったのですが、今では、OSレベルでスマートフォンも対応するようになったのです。スマートリプライの機能ですが、送られてくるメッセージに対して、取り急ぎの返信が可能になる機能のことです。
このような機能は、今までのスマートフォンにあるようで無かった機能のため、スマートリプライは注目されるようになりました。このような機能が求められるようになった背景には、ちょっとした返事のためにスマートフォンを利用する、このような行為が面倒だと感じる人が増えているからです。
昔に比べて今では、SNSを通じて交流できる時代になっているため、電話を通じて人と会話することが減ってきました。そのため、androidQが注目されるようになってきてからは、新機能のスマートリプライも注目されるようになったのです。”

カメラスコアで高得点を出している「Galaxy Note9(SCV40)」

6月 30th, 2019

“Galaxy Note9(SCV40)は、Samsung(サムスン)が開発しているスマートフォンなのですが、以下のような機能を持っているため、他のスマートフォンにはない機能を有しているスマートフォンとして人気です。
Galaxy Note9(SCV40)は、「CPUが最高峰のSnapdragon845搭載」となっているだけでなく、実は、「有機ELディスプレイ採用」となっているので、世界レベルの美しいグラフィックを実現しているのです。しかもGalaxy Note9(SCV40)は、高性能デュアルカメラを搭載しています。
カメラスコアについても、「dxomarkで100点超えを達成」しているため、スマートフォンはカメラ性能にこだわりたいという人は、Galaxy Note9(SCV40)と相性が良いでしょう。他のメーカーのスマートフォンと比較した場合、Galaxy Note9(SCV40)は、動画の映像が美しくなりやすい、実感できるという評価もあります。
そんなGalaxy Note9(SCV40)は、「フルセグ、おサイフケータイ」だけでなく、「指紋・顔・虹彩などの認証」、「ワイヤレス充電(Qi)」にも対応しています。”

「HUAWEI nova lite 3」はどんなところが使いにくい?

6月 28th, 2019

“人気のHUAWEI(ファーウェイ)最新機種となっている、HUAWEI nova lite 3ですが、利用においては、メリットばかりではなくデメリットもあるので注意してください。
HUAWEI nova lite 3のデメリットその1は、「アプリの利用時にナビゲーションバーの背景が透明になる」デメリットがあります。こちらの影響で、ナビゲーションバー事態が見ずらくなることもあるので注意してください。
HUAWEI nova lite 3の場合、ナビゲーションバーの見えにくさによって、誤ってホームに戻ってしまうこともあります。しかもHUAWEI nova lite 3は、タスク画面が表示されるなど使いやすさに関しては、まだまだ改善の余地ありと判断させられるところが多いのです。
HUAWEI nova lite 3のデメリットその2は、プリインストールされているアプリが多いところでしょう。最初からインストールされているアプリのことなのですが、HUAWEI nova lite 3は、「Booking.com」、「ウイルスバスター」などがインストールされていることもあります。”

これもセキュリティ対策!?OSのバージョンアップ

6月 21st, 2019

“スマートフォンに不正侵入してくるウィルスというのは、サイトからの感染、アプリからの感染、もしくはOSの脆弱性を突いて侵入してくる可能性があるため、どのようにして防げば良いのかが不透明です。
また、そんなスマートフォンの悩みを抱えている人は、OSのバージョンアップを果たしてみると良いでしょう。OSの脆弱性というのは、そもそもバージョンアップをしていないことが起因となっています。
android端末の最新機種を購入したのであれば、最初から最新のOSがインストールされているのですが、今では格安SIMが流行っているため、OSのバージョンアップを軽く考える人が増えています。OSのバージョンアップがウィルス侵入に対して有効なのは、メーカー側でウィルス対策を取っているからです。
セキュリティ対策は、侵入と対策のいたちごっこのイメージもありますが、OSのバージョンアップは、セキュリティ対策上で効果的とされています。”

高性能なカメラを搭載している「HUAWEI Mate 20 Pro」

6月 14th, 2019

“中国だけでなく、日本でも話題沸騰中のHUAWEI Mate 20 Proですが、その人気はCPU、そしてメインカメラの性能が高いために起きています。
CPUは従来のものよりパフォーマンスが向上していますので、動画視聴、インターネット利用において、モタモタすることがありません。しかもHUAWEI Mate 20 Proのメインカメラは、画素数がなんと4000万画素となっているのです。
画素数が高いと何が良いのかわからない人のために、従来のスペックと比較すると、従来のものは2000万画素のような、HUAWEI Mate 20 Proの半分程度の性能しかありませんでした。しかしHUAWEI Mate 20 Proは、2000万画素と800万画素のカラーセンサーカメラも搭載しており、「Leica(ライカ)トリプルカメラ」によって、メインカメラ以外の性能も向上しているのです。
HUAWEI Mate 20 ProにはAIも搭載されており、AI機能によって認識機能がより向上している状態で、より洗練された写真を撮ることが出来ます。”

カメラ性能を特化している「HTC U12+」

6月 7th, 2019

“インスタグラムのようなSNSの影響もあり、スマートフォンはカメラ性能が高く、データストレージに余裕があり、しかも簡単にバッテリーがへたらないものほど、良いスマートフォンという考え方が生まれました。
そんな要望を満たしているスマートフォンが、HTC U12+です。HTC U12+は、2017年発売のHTC U11の後継機として開発されました。HTC U12+は従来のスマートフォンと大きく異なっており、カメラ性能に特化しているスマートフォンとして有名です。
HTC U12+は、アウトカメラのみ高性能化が進んでいるわけではありません。HTC U12+は、インカメラも高性能デュアルカメラ搭載となっているので、スマートフォンに求められている、ほぼすべてのカメラ性能が詰め込まれているモデルなのです。
しかもHTC U12+は、顔認証システムの処理性能も良く、SoC最高レベルとされる「Snapdragon845」も搭載しています。”