スマートリプライで取り急ぎの返信が可能になる

7月 12th, 2019

“最近注目のスマートフォンの機能では、スマートリプライの注目度が上がってきています。
元々スマートリプライは、Gmailにリリースされていたものだったのですが、今では、OSレベルでスマートフォンも対応するようになったのです。スマートリプライの機能ですが、送られてくるメッセージに対して、取り急ぎの返信が可能になる機能のことです。
このような機能は、今までのスマートフォンにあるようで無かった機能のため、スマートリプライは注目されるようになりました。このような機能が求められるようになった背景には、ちょっとした返事のためにスマートフォンを利用する、このような行為が面倒だと感じる人が増えているからです。
昔に比べて今では、SNSを通じて交流できる時代になっているため、電話を通じて人と会話することが減ってきました。そのため、androidQが注目されるようになってきてからは、新機能のスマートリプライも注目されるようになったのです。”

カメラスコアで高得点を出している「Galaxy Note9(SCV40)」

6月 30th, 2019

“Galaxy Note9(SCV40)は、Samsung(サムスン)が開発しているスマートフォンなのですが、以下のような機能を持っているため、他のスマートフォンにはない機能を有しているスマートフォンとして人気です。
Galaxy Note9(SCV40)は、「CPUが最高峰のSnapdragon845搭載」となっているだけでなく、実は、「有機ELディスプレイ採用」となっているので、世界レベルの美しいグラフィックを実現しているのです。しかもGalaxy Note9(SCV40)は、高性能デュアルカメラを搭載しています。
カメラスコアについても、「dxomarkで100点超えを達成」しているため、スマートフォンはカメラ性能にこだわりたいという人は、Galaxy Note9(SCV40)と相性が良いでしょう。他のメーカーのスマートフォンと比較した場合、Galaxy Note9(SCV40)は、動画の映像が美しくなりやすい、実感できるという評価もあります。
そんなGalaxy Note9(SCV40)は、「フルセグ、おサイフケータイ」だけでなく、「指紋・顔・虹彩などの認証」、「ワイヤレス充電(Qi)」にも対応しています。”

「HUAWEI nova lite 3」はどんなところが使いにくい?

6月 28th, 2019

“人気のHUAWEI(ファーウェイ)最新機種となっている、HUAWEI nova lite 3ですが、利用においては、メリットばかりではなくデメリットもあるので注意してください。
HUAWEI nova lite 3のデメリットその1は、「アプリの利用時にナビゲーションバーの背景が透明になる」デメリットがあります。こちらの影響で、ナビゲーションバー事態が見ずらくなることもあるので注意してください。
HUAWEI nova lite 3の場合、ナビゲーションバーの見えにくさによって、誤ってホームに戻ってしまうこともあります。しかもHUAWEI nova lite 3は、タスク画面が表示されるなど使いやすさに関しては、まだまだ改善の余地ありと判断させられるところが多いのです。
HUAWEI nova lite 3のデメリットその2は、プリインストールされているアプリが多いところでしょう。最初からインストールされているアプリのことなのですが、HUAWEI nova lite 3は、「Booking.com」、「ウイルスバスター」などがインストールされていることもあります。”

これもセキュリティ対策!?OSのバージョンアップ

6月 21st, 2019

“スマートフォンに不正侵入してくるウィルスというのは、サイトからの感染、アプリからの感染、もしくはOSの脆弱性を突いて侵入してくる可能性があるため、どのようにして防げば良いのかが不透明です。
また、そんなスマートフォンの悩みを抱えている人は、OSのバージョンアップを果たしてみると良いでしょう。OSの脆弱性というのは、そもそもバージョンアップをしていないことが起因となっています。
android端末の最新機種を購入したのであれば、最初から最新のOSがインストールされているのですが、今では格安SIMが流行っているため、OSのバージョンアップを軽く考える人が増えています。OSのバージョンアップがウィルス侵入に対して有効なのは、メーカー側でウィルス対策を取っているからです。
セキュリティ対策は、侵入と対策のいたちごっこのイメージもありますが、OSのバージョンアップは、セキュリティ対策上で効果的とされています。”

高性能なカメラを搭載している「HUAWEI Mate 20 Pro」

6月 14th, 2019

“中国だけでなく、日本でも話題沸騰中のHUAWEI Mate 20 Proですが、その人気はCPU、そしてメインカメラの性能が高いために起きています。
CPUは従来のものよりパフォーマンスが向上していますので、動画視聴、インターネット利用において、モタモタすることがありません。しかもHUAWEI Mate 20 Proのメインカメラは、画素数がなんと4000万画素となっているのです。
画素数が高いと何が良いのかわからない人のために、従来のスペックと比較すると、従来のものは2000万画素のような、HUAWEI Mate 20 Proの半分程度の性能しかありませんでした。しかしHUAWEI Mate 20 Proは、2000万画素と800万画素のカラーセンサーカメラも搭載しており、「Leica(ライカ)トリプルカメラ」によって、メインカメラ以外の性能も向上しているのです。
HUAWEI Mate 20 ProにはAIも搭載されており、AI機能によって認識機能がより向上している状態で、より洗練された写真を撮ることが出来ます。”

カメラ性能を特化している「HTC U12+」

6月 7th, 2019

“インスタグラムのようなSNSの影響もあり、スマートフォンはカメラ性能が高く、データストレージに余裕があり、しかも簡単にバッテリーがへたらないものほど、良いスマートフォンという考え方が生まれました。
そんな要望を満たしているスマートフォンが、HTC U12+です。HTC U12+は、2017年発売のHTC U11の後継機として開発されました。HTC U12+は従来のスマートフォンと大きく異なっており、カメラ性能に特化しているスマートフォンとして有名です。
HTC U12+は、アウトカメラのみ高性能化が進んでいるわけではありません。HTC U12+は、インカメラも高性能デュアルカメラ搭載となっているので、スマートフォンに求められている、ほぼすべてのカメラ性能が詰め込まれているモデルなのです。
しかもHTC U12+は、顔認証システムの処理性能も良く、SoC最高レベルとされる「Snapdragon845」も搭載しています。”

ZenFone5の顔認証の設定方法!

5月 31st, 2019

これから新しいスマホを購入予定の方、ZenFone5を購入される方は今から顔認証の設定方法を確認しておくことで、スムーズに設定が出来るはずです。まずは、「設定」ボタンから「セキュリティと画面ロック」を押します。そうすると「顔認証」というボタンが出てくるので、そのまま進み顔認証の設定をしていきます。あなたの顔を登録できますといった画面になれば、そのまま登録できるので設定して登録します。次へを押して進んでいくと今度は、「ロック解除方法の選択」という画面が出てくると思います。これは一日に一度もスマホを起動させなかった場合など、顔認証以外の方法でロックを解除できるようにするものです。細かい設定は説明書を見ながらすれば大丈夫なので、あとはそのまま順に設定して終わりです。顔認証の設定はカメラに顔を向けて設定するだけなのでとても簡単です、横を向いていても認証されるのであまり気を追わずやってみてくださいね。詳しくはこちら

Android端末もOSにより容量が消費される

5月 22nd, 2019

“新品のAndroid端末であっても、容量の画面(ストレージ容量の画面)を確認すると、スペック通りの空き容量になっていないことがあります。
ですが、これはパソコンでも同様の問題が起き、スマートフォンの場合でもOSによって、かなりの容量が使用されてしまうため、スペック通りとはなりません。ちなみに、32GB、64GB・・・というふうに、容量を大きくした場合も、OSの影響で容量が減る仕様になっています。
では、なんのために大きな容量を持つAndroid端末があるのかというと、それは、動作をより軽くするために容量が上がっている、もしくは、大容量を謳っているスマートフォンが多いのです。使わないで空いている容量については、動作が重くなった時に割り当てられるようになっているので、まったく無意味な容量というわけではありません。
補足となりますが、Android端末の最新機種では、10GBを超える容量を使ってしまうモデルもあります。”

スマートフォンの「arrows SV F-03H」

5月 15th, 2019

“触り心地の良さと高級感を演出するデザインを採用しており、安心して使える大容量バッテリーや万が一の時でも安心な防水機能なども搭載しているスマートフォンが「arrows SV F-03H」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ゴールド、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約141gです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで、バッテリーは2580mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、カメラは高性能レンズやソニー製のセンサーがついた約1310万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンのサイドフレームには耐傷性の高いハードアルマイトが使用されています。”

スマートフォンの「Moto G4 Plus」

5月 13th, 2019

“どのような持ち方でも指紋を識別する指紋認証センサーが付いており、いくつかのアプリを同時に実行しても処理速度がおちないハイパフォーマンスのCPUなども搭載しているスマートフォンが「Moto G4 Plus」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約157gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン617オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、高速充電に対応した3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.5インチフルHDディスプレイを搭載し、カメラはレーザーオートフォーカスや位相差オートフォーカスがついた約1600万画素のメインカメラとディスプレイフラッシュや広角レンズがついた約500万画素のサブカメラが搭載されています。”